備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝の一杯☆若返り効果がある☆


小麦を発芽させてミネラル水を加えたリジュベラック(発酵穀物飲料)


穀物なら、ライ麦や玄米でもできるけど、小麦はマイルドな乳酸菌の味が飲みやすくて好き☆



wheat_MG_6339 (333x500)



wheat berries rejuvelac_MG_6045


上手に作る方法は関戸美穂子さんの本が参考になりました。
ローフードに関することもとても分かりやすく載ってます。



こちらの本にも載ってます。


が、増版されてないんですね。図書館で探してみてください。



植物性乳酸菌飲料は、キャベツでも出来ます。
私の記事はこちら⇒☆




スポンサーサイト



quince Nov 21 09 (2)



お料理教室で吉野本のカリンを分けてもらいました。


とてもいい香りです♪


quince Nov 21 09 (3)




天然無加工のミカン蜂蜜を使い


honey Nov 21 09




カリンのはちみつ漬けを作りました。


quince Nov 21 09



大事な種も入れます。

天然のカリンの薬効は大きく、気管支を丈夫にする、疲労回復、風邪の時にも薬用として使えるそうです。


6ヶ月~飲めるそうです。


また保存瓶が増えました~(笑)


楽しみですー



生食もいいけど、菌食(発酵食品=Livng food)も良いですよね♪

日本の伝統食・味噌、梅干し、漬物は生活に欠かせません。

去年仕込んだ味噌は発酵が進み色がついてきました。


右は1年前に仕込んだ味噌左は春に仕込んだ麦みそ

溜まり醤油もおいし~^^


miso Nov 09 (9)




ここから今年の手作り味噌教室の覚書です。



大豆は洗って一晩水に漬け、圧力をかけて蒸し煮。


miso Nov 09



弾力があり、つぶれる程度の大豆。


miso Nov 09 (2)


熱いうちに専用の機械で荒ごし。


miso Nov 09 (3)



こちらは米麹と塩(塩分は12%) これを混ぜて、大豆に投入。


miso Nov 09 (4)



別の機械で大豆と、麹&塩を混合。 大豆の煮汁も加減しながら加えます。


miso Nov 09 (5)



はい、出来上がり!ふわふわクリーム色♪


miso Nov 09 (6)



自分の樽に移します(15L)

下にも塩を敷き(12%の塩分に含まれる)

味噌玉を作り、空気の層ができないように底へたたきつけるように押し入れます。


miso Nov 09 (7)


詰めたら表面にもふた塩をし、空気に触れないようにビニールをかぶせ、押し蓋。


miso Nov 09 (8)


家に持ち帰り、塩の重しをして、密閉、冷暗所で保存です。

来年梅雨明けに天地返しをします。


保存食の納戸が欲しいですぅ~


手作り味噌は、大豆を蒸してマッシュ、そこに麹と塩を混ぜ、樽で寝かせるだけ!


余計な添加物がなくても簡単にできる発酵食品なので、お薦めで~す♪ *^o^*








大さじ2杯のアルファルファの種を(今度は)瓶で育てました *^o^*

容量は1.5Lかな? 

毎日水を替え、水をきり、10日程かかりましたが瓶いっぱいに育ちました♪

みなさん、教えてくれてありがとうございます!


育て方はkeiさんのブログを参考にしました)

Alfalfa Nov 8 09



去年青梅のシロップを作って放置してましたが、秋の酵素液を混ぜたらブクブクしてきたので

更に酵素液を混ぜて、発酵したら飲んでみたいと思います。


ume Nov 8 09



先日のいちご酵母ドリンクがおいしかったので、今度はみかんでシトラスドリンクを作ってみます。


庭のみかん(無農薬)なので、皮も入れて、秋の酵素液も加えてみました。


mikan Nov 8 09


秋の酵素液、何でも使えます!

だし醤油を瓶に入れたら発酵が進み、また軽く爆発しましたー ^^;


甘い酵素液はお料理、お菓子作り以外に、植物の栽培にも加えてます。

何しろ12Lもあるので、来年の春の野草酵素ドリンクも作る予定だし

それまで秋の酵素ドリンクをせっせと消費します。




こちらは小麦若葉栽培です。

今度は土を敷いてまばらに蒔き、酵素液もあげてます。


wheatgrass Nov 8 09





週末にあり合わせの材料で作ったフルーツタルトです。

先週は完熟フルーツの見切り品をたくさん買い食べきれない分を全部のっけました(笑)


tart nov 09 (2)


【あり合わせフルーツタルト】
20cmタルト型

☆タルトクラスト
胡桃、デーツ ⇒ 同分量をフープロで混ぜて、タルト型に敷く(サランラップで薄くのばす)

☆フィリング1
オーサワジャパン 玄米甘酒250g、木綿豆腐(適宜) ⇒ サイリウムパウダーを加えて固める

☆フィリング2
中心に完熟プルーン、その上に柿、その上に無花果、最後にブルーベリー

☆グロス
秋の酵素液、水 ⇒ サイリウムパウダーでとろみをつける



サイリウムパウダーは寒天のように加熱しなくても固まるので便利ですね♪

甘酒は先週ファンケルキッチンでいただいた青汁プリンに入っていた発芽玄米クリームが
おいしかったので参考にしました。 甘酒と柿合います♪


分量はいつも計らないで適当です。

それから材料の食べ合わせの良し悪しも考えずに、私はその時の気分とお財布優先。

この時はお客様が来ていたので、味(甘み)も優先しました。

ぺんぎんさんのブログ記事「ローフードの食べ合わせについて」再認識できましたが、
ナチュハイや甲田療法の科学的に推奨される食材の組み合わせを守れば、スーパーヘルスになれるし、
「自分がどうしたいのかを考え、実行し、あとは結果を引き受ける」
・・・そうですね!ぺんぎんさん、いつもよい気付きをありがとうございます~


私はローフード、ナチュハイ、甲田療法、マクロビ、自然食に関して本を読んだり、
料理教室に行ったり、勉強会に出たり、こうしてブログでインスパイアされ
継続してますが食材の組み合わせ、食品の陰陽などあまり意識してないです。
ま、ジャンクフード食べるならこっちの方がいいでしょう。みたいなレベルです・・・

今や普通の生活からかけ離れた食生活を送ってますが、そこから得られたことは

体の反応に少し敏感になった事です。

食べたものにより自分の体や気分が色々変わることに気づけるようになったので
(今までは仕事大優先で体を無視しすぎてましたー)

これからも自分の反応を頼りに、いろいろな物を取り入れていきたいと思いま~す。

な~んて、前置きが長くなりましたがタルトのカット写真はこんな感じです。



完成直後はゆるくて

tart Nov 09



冷蔵庫で一晩寝かせるとカットしやすくなります。

あ、胡桃とデーツをケチったのでクラストが薄いです。

tart Nov 09 (3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。