備忘録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7/5(土)追記:病害虫防除法ですが、ニームオイルを使わなくてもお酢やニンニク等虫の嫌がる臭いのスプレーを作ることもできます。詳しい記事は別の機会にUPする予定です。

うちの家庭菜園には、いつもモンシロチョウが飛んでるんです。

って事は、葉もの野菜を食べる青虫が育っているんですね。

それから小さくて繁殖力旺盛なアブラムシも沢山いるのですー・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

特にケール、カリフラワー、小松菜の葉が攻撃にあい、柔らかい葉っぱはみるみる無くなっていきます。

(大丈夫なのは、ビーツ、春菊、レタス、トマト、胡瓜、茄子、ズッキーニ、ゴーヤ、インゲン、ピーマン系)

みんな種から元気に育ってくれるのですが

葉が大きくなると青虫とアブラムシの攻撃にあい瀕死状態になってしまいます。

こちらは元気になったケールの写真です。

kale Jul 2 09

こちらは2週間前、瀕死状態のケール。

当初、香りの強いミントを近くに植えて、害虫駆除を試みたんだけど効果なく。

kael Jun 19 09

園芸教室で教えてもらった「ニームオイル」を500倍に希釈して葉の裏に沢山いる小さなアブラムシに散布。

大きな青虫はお箸でつまんで1匹ずつ駆除しました・・・ (◎∇◎;)



「ニーム」は古来より薬木と言われ、IFOAM(国際有機農業連盟)では

有機農業に使用できる天然素材になっており農薬ではないんですよ。

(独特な匂いがあります。私はニーム入り歯磨き粉も使っています)


園芸教室で教えてもらったことですが

元気な野菜は自己免疫力が強いので、虫に負けないくらい大量のフェロモンをだして虫を寄せ付けないそうです。

野菜が健康に育つには、バランスの良い 野菜の食事=有機の土 が必要なんだそうです。


以前は鶏糞(抗生物質の害)や化成肥料の分類に入るものを使ってましたが

半年前から、自家製コンポストで家庭の生ゴミを堆肥にして使っています。

健康な土に戻るにはまだ時間がかかりそうです。

化学肥料では見た目大きな野菜ができますが、土の栄養バランスが悪いから虫に負けてしまうんですね。

まだまだ過保護ですが、有機の肥料を買いました。

有機な土からはじめよう!!」という野菜用有機肥料:

肥料成分は 「 窒素 5 : リン酸 5 : カリ 5 」

これは菜種油粕、魚糞などから作られていて、持続性のあるものだそうです。

有機の液肥」:

こちらは「 窒素 3 : リン酸 3 : カリ 2 」 300-500倍に希釈して散布できる追肥です。

gardening Jun 22 09

参考までにニームオイル100ml、液肥 550g、有機肥料 700g 合計で3,000円位でした。




スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://misah11.blog49.fc2.com/tb.php/430-feff06ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。